仏性の本当の意味

仏性の本当の意味

人間だけがブッダになることができる。
このことを知っている方は少ないかもしれません。

 

しかしパーリ仏典などの原始仏教関連の書を読みますと、人間の特異性が分かってきます。実に、ブッダになることができるのは人間だけです。

 

浄居天の神も涅槃に入りますが、浄居天に入るためには、人間の時代に仏道修行をして不還果(ふげんか)という段階にならなければ入れませんので、結局、ブッダになれるのは「人間だけ」ということになります。

 

人間は本当に特殊な生命なのですね。心をダイナミックに変化させて善行もできます。神々ですら善業を重なるためにあえて人間に転生してくるくらいです。

 

善をなすことができる特殊な生命、それが人間です。
そうして仏道修行をして成長できるのも人間です。
人間だけがブッダにもなれるわけです。
ですから、この人間の時代にできるだけ善行をして、仏道修行をすることがおすすめなのですね。

 

そして人間だけがブッダになれる特質を後世の大乗仏教では、「仏性(ぶっしょう)」というようになりました。仏性という言葉や概念は原始仏教には出てきません。しかし原始仏典を読み解いていくなら、必然的に到達する観念でもあります。

 

 

仏性のあれこれ

 

仏性は、お経によっても呼び名が違ってきます。
「法華経」では、仏種(ぶっしゅ)といいます。法華経では「仏に成る種」という意味で使っています。
また「勝鬘経(しょうまんきょう)」では「如来蔵(にょらいぞう)」という言葉を当てています。意味は同じです。

 

この仏種にしても、如来蔵にしても、本来は、人間だけがブッダになれるという特徴をいったものでした。しかしこれが変容されてしまい、あたかも人間の中に「仏陀の心」があるかのように誤解され錯覚されてしまいました。

 

これは厳密にいえば間違った解釈です。仏性は、人間は修行をすれば仏陀になれるといった特質を言ったものです。人間だからといって全員、ブッダの心があるとは限りません。

 

そして一番よく知られているのが、後世に作られた「大般涅槃経」にある「一切衆生悉有仏性(いっさいしゅじょうしつうぶっしょう)」です。これは仏性をかなり拡大しています。全ての生命の中に仏の心があると解釈されがちですが、これも誤りです。

 

もっともあらゆる生命は輪廻転生していますので、小さな虫であっても、いつか人間となって転生し、ブッダになる可能性もあるわけなので、その可能性を示唆した意味での「一切衆生悉有仏性」なら正しいといえるでしょう。

 

しかし全ての生命に「ブッダの心」があるとするのは拡大解釈のしすぎと言わざるをえません。