仏教とスピリチュアルとの違い

仏教とスピリチュアルとの違い

今日は仏教とスピリチュアルの違いについてお話ししたいと思います。

 

仏教とスピリチュアル、これは明らかに違います。
ですが、「その違い」は何でしょうか?

 

仏教では、神通力とか、輪廻転生を言います。
スピリチュアルでも、ヒーリングや透視といった超能力、また前世・来世といった輪廻転生を扱います。

 

「仏教もスピリチュアルも同じでは?」とか
「表現が違うだけで、同じ事を言ってるでしょ」とか、
「西洋と東洋の見方の違いですね」とか。

 

こういったふうに思われる向きもあります。

 

しかし、仏教とスピリチュアルは違います。
何が違うのか。

 

これは明確に知っておくと何かと役に立つでしょう。
混乱も無くなります。

 

そこで今日は、仏教とスピリチュアルとの違いについてお話しいたします。

 

 

仏教とスピリチュアルは目標そのものが異なる

 

仏教とスピリチュアルとの決定的な違いは

 

◎仏教・・・執着(無明)を無くして涅槃に到達する実践行。言い換えれば「心を浄化」して悟る方法。

 

◎スピリチュアル・・・精神的、心霊的、霊的なものを扱うオカルティズム。

 

お分かりでしょうか。
最初のスタートラインが決定的に異なるのですね。

 

もっと簡潔にいえば

 

◎仏教・・・煩悩を無くす。オカルトを重視しない。
◎スピリチュアル・・・煩悩は無くさない。オカルトを重視する。

 

ということです。
真逆な関係ですね。水と油です。まったく親和性がありません。目指すものが根本的に異なります。

 

仏教は、道徳的な部分と重なります。といいますか、道徳と親和性があります。
五戒、八戒斎、十善戒といった戒律は、まさに道徳そのものです。
仏教は、まず道徳的な実践を行って言動を浄めます。
そしてこの上に瞑想法が成り立っています。

 

仏教は「品行方正な人物」を目指すことにもなります。
もちろん杓子定規的な品行方正ではなく、ナチュラルで自然体な道徳的な人間性を培っていく、それが仏教のスタートです。

 

この延長に、瞑想が成り立っていて、悟り・涅槃があるわけですね。
仏教のこの構造を「戒(かい)・定(じょう)・慧(え)」といいます。

 

「戒定慧」のことを「三学(さんがく)」ともいい「八正道」ともいいます。
仏教とは、まさに道徳から出発して、心を浄めていく実践行になります。

 

 

しかしスピリチュアルは違います。
スタートラインが「オカルト」です。
神秘主義や心霊主義です。
時に、妄想や幻視・幻覚的です。

 

精神的に豊かにするという側面もありますが、仏教のように「執着または無明を滅ぼして心を浄める」という明確な指針はありません。
オカルトの副次的なものとして、道徳性を言うケースもありますが、仏教のように「煩悩を無くす」というアプローチは取りません。

 

 

スピリチュアルは「仏教の副産物」をメインテーマとしている

 

スピリチュアルは心霊主義・神秘主義であるため、オカルトを全般に扱います。あの世を探索したり、超能力も目指します。さらには守護霊を扱ったりもします。

 

仏教ででは、こういったものを副産物(おまけ)としたり、あるいは否定もします。しかしスピリチュアルでは、仏教が重視しない要素をメインのテーマとします。

 

要素だけを見れば、仏教もスピリチュアルも似ていますが、扱い方、アプローチの仕方が全く異なるのですね。

 

仏教では、あの世は否定します。輪廻はありますが、霊界といった「あの世」は否定します。実際、霊界(あの世)はありません。天界や地獄、餓鬼、畜生といった世界はルアルに存在しますが、スピリチュアルで言うような「死後の世界」は仏教では否定します。

 

また、超能力や神通力に関しては、こちらでも書きましたが、メインには取り扱いません。なかにはまったく扱わない方もいる位です。

 

超能力や神通力を扱っても、それは副産物であって、別に大したものでは無いという立場です。

 

さらに守護霊といった存在は、ほとんど相手にしません。
大乗仏教の時代になると、護法善神として四天王をはじめとした仏教を護る神々として菩薩・明王も誕生しますが、原始仏教では、神々を信仰したり加護を強いて願うことはしません。

 

さらに仏教は、カーラーマ経にもある通り、原則的に自分で見て確かめられないものは扱わないという姿勢です。ですので、スピリチュアル的なものとは親和性がありません。むしろ仏教はスピリチュアルを否定します。

 

 

仏教とスピリチュアルは水と油の関係〜親和性が無い

 

したがって、仏教に、スピリチュアルを取り入れることはできないのですね。目指す方向も違いますし、実践内容からしても異なります。

 

ですのでスピリチュアルに仏教的なものを取り入れることもできません。方法論だけを取り入れて、見た目は似たようなことをすることはできますが、仏教の目指すものとは違ってきます。仏教は心霊主義でもなければ、オカルトでもないからです。

 

仏教とスピリチュアルは水と油の関係です。
異質なもの同士なのですね。

 

最近、スピリチュアルに仏教を取り入れようとする所もありますが、これは止めたほうがいいでしょう。
事情をよく知らない方にとっては、いたずらに混乱させるだけです。

 

事情を知らない人達にすれば「仏教もスピリチュアルも同じなのね」と勘違いさせることになるだけです。
これは罪作りなことです。
仏教に対する冒涜にもなりかねません。
また仏教を混乱させる新しい歴史をも作ってしまうことになります。

 

仏教とスピリチュアルとは異質なもので、違うものです。

 

仏教は、道徳や倫理と親和性がありますが、スピリチュアルとは親和性がありません。
異質なものです。

 

仏教とスピリチュアルとの違いと、よくよく知って、惑わされることがないようにしましょう。