梵天勧請

梵天勧請

「梵天勧請(ぼんてん-かんじょう)」という言葉があります。

 

これは文字通り、「梵天から勧め請われた」ということです。
何を勧め、請われたのかといえば、お釈迦さまに対して、「悟りに至るための方法を説いてください」と梵天が勧めたことになります。

 

梵天が勧めたエピソードにちなんで「梵天勧請」といった言葉が作られました。
実は、「梵天がお願いした」ということは、破格のすごいことになるのですね。

 

ところで「梵天」。
梵天とは何でしょうか?

 

まあ、一言でいえば、非常〜にエライ神さまをいいます。

 

わかりやすく言いますと「創造主」や「父」のことです。

 

仏教では、普通の神さまの住む世界を「六欲界(ろくよくかい)」といっています。大黒天とか毘沙門天といった神さまから、地の神など、神さまが住む世界を六欲界といいます。守護霊とか、そういう高級な存在も六欲界に属するでしょう。

 

けれども梵天になりますと、普通の神さまの世界を超越します。
仏教では「色界(しきかい)」といって区別します。
六欲界の神さまとは次元を異にして、ずーっと瞑想した状態に入っています。分かりやすくいいますと、スピ系で「ワンネス」といっていますが、ワンネスの状態が永続している存在、それが「梵天」です。

 

この梵天こそ、創造主や父であって、世界の中心的存在とも言われています。

 

こういう創造主的な存在の「梵天」から、「どうか、その悟った内容を説いてください」と、お釈迦さまは「何度も」説得されたということです。

 

ここのエピソードは大変、有名なのですが、私などは映画の圧倒的なワンシーンを想像してしまいます。通常は、偉大なる創造主が、人間に命したり、アドバイスしますが、梵天勧請でのお釈迦さまの場合は、正反対です。

 

創造主が、お釈迦さまに「お願い」しているのですね。しかも「何度」も。

 

これはすごいことだと思います。腰を抜かすばかりの出来事だと思います。

 

こういうこともあって、お釈迦さまは偉大であると思ったりもします。
梵天が、仏教の教法を訪ねるシーンは、梵天勧請だけでなく、仏典にはいくつか記録に残っています。実は、仏教と梵天とは深い関係もあります。仏教を実践する者の心は「梵天の如くあれ」という教えも残っているほどです。

 

梵天という偉大な神さまと、仏教との関係は、また追々、書いていこうかと思います。スピリチュアルに興味のある方も、おそらく大変驚くエピソードもあろうかと思います。

 

このようなお釈迦さまですが、しかしお釈迦さまは大変物静かで謙虚な方でもあったようでして、集団の中にいると、誰がお釈迦さまなのかが分からないほど目立たない方だったようです。

 

本当に崇高な性格で、すごいですね。
仏典を深く読んでいきますと、お釈迦さまの人間性に深く感動させられます。