仏教

輪廻転生エントリー一覧

六道輪廻

六道輪廻(ろくどう-りんね)は聞いたことがあると思います。
実は六道輪廻はお釈迦さまが発見したことです。厳密にいえば、五道輪廻を発見され、後に阿修羅界が組み込まれて六道輪廻になっています。

 

お釈迦さま以前のインドでは、もちろん輪廻思想はありましたが、もっとシンプルな輪廻転生の思想です。天界と人間界と地獄の3つの世界を行き来する素朴な輪廻思想でした。

 

しかしお釈迦さまは「五(六)道輪廻」を言います。
五(六)道輪廻とは、地獄、畜生、餓鬼、人間、天界の5つです。これに阿修羅を加えて六道です。

 

生命は、この6つの境界をグルグルと移り変わっていくといいます。

 

お釈迦さまは、宿命通と天眼通という超能力を持っておられました。現代でも「前世を知る」とかありますが、お釈迦さまの前世を見通す能力は、そんなレベルではありません。
自分の過去世を何億回もさかのぼり、しかも自分自身の前世だけでなく、天眼通という能力であらゆる生命の前世をも数多くさかのぼり見通していかれました。このことは仏伝ほか、パーリ経典にはいくつも記録として残っています。

 

お釈迦さまものすごく数の多い生まれ変わりの様を見ていましたので、輪廻転生のパターンも読み切っていたのでしょう。ですので、お釈迦さまの言葉とは、こういう生命の輪廻の様を踏まえて言われた金言と受け止めた方が無難ではないかと思います。私は仏教をもっとも信頼するのも、お釈迦さまの透徹した洞察力があるからです。

 

ところで生命が輪廻する数は一体どれくらいなのでしょうか?
よく輪廻転生の話しが出ますよね。
過去世の記憶にさかのぼるワークとかセミナーもありますし、そういう療法もあります。大抵、「前世のあなたはどこどこで○○をしていましたあ」、といった感じですね。

 

相応部経典の中に、輪廻に関して言及したお経がいくつかあります。それを読みますと、お釈迦さまはこう言っておられます。

 

「人が死んで生まれ変わる間に流した涙の量は、海の量よりも多い」
「指先につまんだ土を現世とするならば、人の輪廻は、この地上にある全ての土よりも多い」

 

・・・・・・

 

途方もない数の生まれ変わりです。
まさに無限に近い輪廻を、生命は続けていることをお釈迦さまは言っておられます。

 

さらに、宇宙が生じて崩壊した後、最初の生命が誕生する話しも述べておられます。この辺りは、旧約聖書の創世記よりも詳細な描写になっています。

 

生命は、宇宙の生成崩壊も数え切れないほど体験していて、お釈迦さまは、宿命通と天眼通という神通力で見通されていました。

 

仏教(原始仏教)での教えとは、お釈迦さまのこういった非凡な能力を踏まえておっしゃっているところがあります。

 

つづく

続きを読む

2012/06/02


仏教が説く輪廻はおそろしい

こちらからの続き

 

六道輪廻はお釈迦さまが最初に言われた輪廻の様ですが、お釈迦さまが説かれる輪廻は、世間一般に信じれらているのとは違うところがあります。

 

まず、生命は、何か目的を持って転生しているのではないということです。これを聞いただけでもショックを受ける方もいらっしゃるかもしれません。ですが仏教では、このように説きます。魂の成長をはかるため、とか、何か使命を帯びているため、というのは原則的にありません。

 

生命は、ただ「執着と無明の煩悩によって輪廻しているだけ」と喝破します。はっきりいって夢も希望もありません。メルヘンちっくな話しは、お釈迦さまの輪廻転生にはほとんどありません。

 

もっとも輪廻の中にも、変易生死(へんにゃく-しょうじ)というのがあります。変易生死とは、悟りの門に入った預流果以上の生命(聖者)が、悟りを得るために輪廻を続けることをいいます。変易生死は特殊なケースです。

 

一般的には分断生死(ぶんだん-しょうじ)といいます。ほぼすべての生命は執着や無明に基づいて、オートに輪廻転生を繰り返しています。分断生死の輪廻がほとんどすべてです。

 

この部分を書いただけでも、読んだ方は、暗い気持ちになるのではないかと思います。すので、この仏教的な輪廻の思想を生理的に拒絶すか方が多くなります。また言及されない方もいらっしゃいます。

 

ですが仏教は、一面、まずこの真実を受け止めた上で、修行しましょうと説きます。
とはいいましても、輪廻の思想に耐えられない場合も出てくると思います。もしも不安や恐怖を感じる場合は、スルーしてください。前にも書きましたが、自分で確かめられないことは鵜呑みしない、という姿勢です。

 

真実とは鋭い刃のようであり、時として人を恐怖と不安に叩き落とします。仏教で説く輪廻転生には、実に、ブログでは書けないほどの恐ろしい話しもあります。書けば、ショックを受けてトラウマを抱える方も出てくると思います。ですので輪廻転生については慎重に書かざるをえなくなります。

 

しかし、お釈迦さまは、良き処に生まれ変わり続けるための、アドバイスを説かれています。しかもその気になれば、誰にでもできる人生上の注意点と処世術です。

 

お釈迦さまは、仏教徒以外でも誰でも幸せになれる方法を説かれています。ただ単に不安をかき立てるだけでなく、良き生命であるようにと、そのための生き方・処世術をしっかりとおっしゃっているのですね。

 

つづく

続きを読む

2012/06/03


五戒・布施〜誰でもできる幸せになれる方法

こちらからの続き

 

仏教が説く輪廻転生は大変峻厳で、恐怖すら感じるときがあります。
ですが、お釈迦さまは救われる方法もしっかりと説いておられます。
しかも仏教を信じない人でも、誰でもできる幸せになれる方法です。

 

それが戒(五戒あるいは十善戒)と施(ほどこし)です。

 

そして、この「戒(五戒・十善戒)」と「施」に「修」というう瞑想修行を加えたものが「在家の仏教」になります。

 

 

戒(五戒・十善戒)

まず戒(五戒・十善戒)です。

 

お釈迦さまは、在家には五戒、十善戒という戒律を守ること、人への施しをして心を清らかにすることを基本的な実践行として説かれています。

 

五戒とは、
1.むやみに生き物を殺さない
2.他人の物や心・与えられていない物・心を取らない
3.不倫をしない
4.嘘をつかない
5.酒を飲まない。

 

べからず集ではなく、肯定的な表現をすれば以下のような言い方もできると思います。
1.命を大切にする (生き物を殺さない)
2.必要なものだけで満足する (盗まない)
3.TPOを踏まえて本当のことを言う (嘘を言わない)
4.倫理道徳に根ざした恋愛をする (不倫をしない)
5.正常な判断力を保つようにする (酒を飲まない)

 

 

十善戒とは、
1.むやみに生き物を殺さない
2.他人の物や心・与えられていない物・心を取らない
3.不倫をしない
4.嘘をつかない
5.つまらない話しや、調子の良いことやお世辞が過ぎることを言わない
6.粗野であったり乱暴な言葉を使わない
7.仲違いさせることを言わない
8.異常な欲を持たない
9.異常な怒りを持たない
10.因果を否定したり道徳を否定する、妄想的な誤った見解を持たない。

 

になります。
十善戒は五戒のうち四戒を含んでいます。

 

 

施(せ)

次に施(せ)です。

 

「施」は文字通り、施しを行うことです。布施(ふせ)といいます。
施しには、

 

1.財物をほどこす
2.精神的・心をほどこす
3.法施

 

この3種類があります。
財物とは文字通り、物質になります。
お金であったり、物であったりします。

 

精神や心も施すことができます。これは「無財の七施」といったのが有名です。
無財の七施とは、

 

1.眼施(がんせ)・・・やさしいまなざし。ガンを付けたり睨むような目つきをしない。
2.和顔施(わげんせ)・・・にこやかな顔。微笑んだやさしい顔つき。上目使いの三白眼はナンセンスです。
3.愛語施(あいごせ)・・・やさしく、思いやりのある言葉使い。
4.身施(しんせ)・・・自分の体を使って他人のために動くこと。奉仕。
5.心施(しんせ)・・・他人のために気配りをしたり、喜びを共有する(随喜)こと。
6.床座施(しょうざせ)・・・席を譲ること。または自分の地位ですら後進や相手に譲ってしまう心。
7.房舎施(ぼうしゃせ)・・・雨風をしのげる施しをすること。

 

※房舎施は、昔は現代のように立派な建物は雨具は無かったため、列挙されているものと思います。現代のニュアンスで解釈しますと、「他人の苦痛を和らげるための配慮」ということになると思います。

 

これら7つは、昔から言われているお金のかからない心や体を使った施しとされています。
そしてよく見ると、五戒や十善戒と似ているところがありますね。

 

最後の法施(ほうせ)とは、実はこれは仏教特有の施しになります。正しい仏法を施す行為をいいます。

 

 

生天の教え

ところで五戒にしても十善戒にしても現代では、なかなか守ることができない所もあります。そこで頑張り過ぎて守ってしまおうとすることもでてくるかもしれません。

 

しかし教条主義的になったり、頑張り過ぎるのはよろしくないようです。
戒律は、リラックスする心を養うことと、悪に対する恐れの心(「慚愧」といいます)を培うことで、自然にできるようになります。

 

これらのことは念頭に置いて、できるだけ犯さないように注意したいですね。五戒と十善戒については、いずれの機会で説明もしたいと思います。

 

五戒と施(ほどこし)は、お釈迦さまが在家に説く、基本中の基本の教えです。「生天の教え」とも言われます。これらを守れば、仏教を信じていない者でも誰でも、死後、必ず善処(良い所)へ生まれ変わると、お釈迦さまは断言されています。

 

大変シンプルですが、この教えは、無限に続く輪廻の様を鋭く見抜いた上でのアドバイスなのでしょう。

 

 

在家の仏道とは

そうして、これらの五戒・十善戒と施に加えて仏教の瞑想を行えば、「仏道」になります。

 

在家の仏道とは、

 

・戒(かい)・・・五戒・十善戒を行うこと
・施(せ)・・・布施の行為。仏教寺院や社会や人々にあまねく施しをすること。
・修(しゅう)・・・瞑想を行うこと

 

この3つを行うことになります。
このうち、戒と施は、仏教でなくても言われていますし、誰でもできます。そして幸福になれます。仏教では、「仏教の瞑想」を行うことで悟りに至り、究極の幸せになれると説きます。

 

しかしそうはいっても、最初の「戒律」が「堅苦しい」「強制される・・・と思われて、毛嫌いされることがあります。

 

しかし、今の言葉で言えば、大霊能者といってもよいお釈迦さまが言われたことです。一応は耳を傾けたほうが良いように思います。

 

ご自分の前世を何億回もさかのぼって見通され、他の生命の無限の輪廻転生も見通された方です。お釈迦さまは輪廻転生のパターンを完全に読み切られています。ですので、そのアドバイスには耳を傾けるほうが賢明だと思います。

 

気が遠くなるような生まれ変わりをしているなら、できるだけ良い生命であり続けたいものですしね。

 

とはいいましても原始仏教では、近世の宗教団体のように教祖を絶対視することはしませんので、耳を傾ける傾けないは、各人の自由になります。
ですが、無限に続く輪廻の旅の仕組みと、ここからの脱出方法を残されたお釈迦さまは、やはり偉大であり、その言葉には耳を傾ける価値があると思います。

 

「五戒・十善戒」と「施」は、宗教や宗派に関係なく、誰でも幸福になれる実践行です。

 

そうして
⇒ 戒律を守るコツ
⇒ 心を転換させるテクニック
⇒ 幸福になれる二つの道
⇒ 罪深い人生を送らないためのアドバイス
こちらの記事も参考になさってください。

続きを読む

2012/06/04


両親・親孝行を大切にする理由

家族とは人間関係の最小単位であって、誰もが最初に体験する人間関係のひな形ですね。

 

両親が仲良く、喧嘩の少ない関係であるなら、その子供も同じようなバランス感覚を培っていき、そして大人になって結婚し、両親と同じように喧嘩の少ない関係になりやすいものです。絶対にそうなるわけではありませんが、なりやすいですね。
数多くの親子を長年にわたってみていきますと、上記のことは該当します。

 

親子とは大変、絆が深い関係です。
良くも悪くも、子供は両親の影響を受けます。

 

両親について原始仏教では、どう説いているのでしょうか。
今回は人間関係のひな形ともなる両親について説明したいと思います。

 

 

1.両親は梵天のように接せよ

 

原始仏教では、両親を非常に大切にする教えが数多くあります。
両親に対しては、梵天に接するが如く敬いなさい、両親は大切に、親孝行はせよ、といった両親を大事にする教えが数多くなります。

 

その理由は明快です。
親は子供を育てるために、自分の身を削ってまでも必死となって尽くすからだ、といいます。
明快ですね。
今の私たちがこうして生きていられるのも親の「お陰」である。だから大切にしないといけないのです。と明快にお釈迦さまは説かれます。

 

 

2.もしも両親を粗末にすると・・・

 

反対に、両親を粗末にする場合、特に親を殺害した場合、大変な罪になるようです。その罪は極めて大きく、死後、最悪の地獄(無間地獄)へ行くとあります。これは相当怖いです。

 

「五逆罪」という罪があります。
五逆罪とは、

 

1.母親を殺害する
2.父親を殺害する
3.ブッダを殺害する
4.ブッダに怪我を負わせる
5.正しい仏教教団を破壊(分裂)させる

 

という罪です。これらを犯すと、悟りを得ることができなくなり、死後、必ず無間地獄へ行くと経典には書いてあります。
両親、殊に、母親を殺害することは大変な罪のようです。
ブッダを殺害するよりも罪が重たいともいいます。

 

ちなみに無間地獄(むけんじごく)は、1劫(ごう)という時間の間、存在しつづけるようです。1劫とは43億2000万年 といいます。43億2000万年の間、地獄にいることになるそうです。
・・・・

 

悪いことはしたくないですね。。。

 

 

3.両親との絆

 

怖い話しになりましたので、ちょっとここでファンタジーのようなお話を。

 

両親とは絆が強いわけですが、パーリ経典にとてもジーンと来る両親に関するお経があります。
それは、あなたが今の両親の元に子供として生まれてくる回数はどれくらいでしょうか?という問いかけです。

 

今の両親の元に生まれてくる回数です。

 

この問いを聞くと、「え?」と思いませんか?
今の両親の元に生まれてくる回数です。

 

そもそも、今の両親と同じ両親の前世ってあるの?と思いますよね。

 

ところがお釈迦さまは腰を抜かすようなことをおっしゃいます。

 

今の両親と同じ両親の元に生まれてきた回数は、大地の土の数よりも多い、というのです。

 

茫然自失・・・・・・

 

開いた口がふさがらなくなります。

 

なんという膨大な数なのでしょうか。
確率からいっても、同じ両親の元に生まれてくるのは極めて少ないはずです。
その少ない確率ですら、膨大な回数だと言うのです。

 

一体、人間の輪廻転生の数はどれくらいなのでしょうか。無限に近い回数ということはなんとなく分かるでしょう。

 

仏教の輪廻転生とは、このようにスケールが途方も無く大きなものです。

 

そうして、同じ両親の元に生まれてくる回数、この話し、どこかで聞いたことがありますよね。輪廻する回数の例えです

 

輪廻の数もさることながら、「同じ両親の元に生まれてくる回数」も膨大だというこの教え。
本当に、人の輪廻の回数は、気が遠くなるほど膨大なことが分かりますよね。
なぜなら、同じ両親の元に生まれてくる回数すら、膨大なのですから。

 

ですが、このお釈迦さまのお話から、両親との絆はいかに深いかが分かると思います。両親との縁とは、信じられないくらい深く、いわば自分の一部のような存在なのでしょう。

 

ですので両親を殺害する罪が重たくもなるのかもしれません。

 

今のあなたの両親、過去世でも数え切れないくらい「両親」だったわけです。今と同じ職業や性格でなかったでしょうが、この絆は、来世においても再び結晶化していきます。いつかどこかで、再び、同じ両親の元に生まれてきます。

 

そう考えますと、両親とは「多生の縁」ではなく、「自分の一部」のような存在だと思います。

 

 

先祖や親が霊障になっている?

 

世間には、先祖が霊障を起こして子孫を苦しめている、運を悪くしている、問題の原因とといった教えを説くところもあります。しかし、お釈迦さまの言葉を鑑みますと、こういう考え方はいただけません。両親のそのまた両親である先祖が祟っているとか、霊障になっているというのがはちょっと酷い考え方です。先祖や両親を粗末(悪者扱い)しかねない考え方です。

 

確かに霊障といわれる似たケースが起きることもあるようです。しかしそれは稀です。本当が霊障ではなく餓鬼の関与です。このことはこちらで説明しています。

 

先祖や親はありがたい存在です。自分と絆の深い存在です。大事にしましょう。大切にしましょう。

 

いつか再び、また親子として巡り会います。またお世話になる方です。今度巡りあったとき、今生以上に大切に育てていただき、健全に育っていきたいものです。両親は本当に大切にする必要がありますね。大切にしましょう。

 

原始仏教で説かれる両親についてを知ったとき、感謝する気持ちで一杯になりました。この教えをもっと早くから知りたかったとも思いましたが、気付くに遅すぎることはないですね。精一杯の親孝行はしたいものです。

続きを読む

2012/06/15


あなたの前世は何?

よく「あなたの前世は、どこどこで○○をしていた」と聞きますよね。
そして大抵は「人間」の生活を述べます。

 

しかし本当の前世には、必ず「六道輪廻」の生命形態が出てくるものです。

 

生命は六道を輪廻しています。
六道輪廻とは、

 

神、人間、阿修羅、餓鬼、動物、地獄

 

この6つをいいます。
六道輪廻とは、「生命の形態」でもあります。
実は全て、リアルに存在する生命なのです。

 

心の状態とか、境涯とかではなく、実在している生命なのです。
本当に存在しているのですね。

 

ですので六道輪廻とは、この6つの生命の形態をグルグルと輪廻しているわけです。

 

人間は死後、人間に生まれ変わるという保証はなく、生前の行い(業)によって、六道のいずれかに必ず行きます。ノンストップです。死後、すぐに別の生命に転生します。

 

幽霊のようにさまよっていることはありません。すぐに別の生命に転生していきます。
輪廻とは決して止まることの無い生命の循環になります。

 

ですから、あなたの前世は、神、人間、阿修羅、餓鬼、動物、地獄のいずれかの可能性があるのですね。
決して「人間」だけではないのです。

 

したがって前世を透視する話しを聞いた場合、必ず六道輪廻の形態が出てくるのが本当です。もしも人間の時代の話ししか出ていない場合は不正確です。あるいは妄想や空想の可能性があります。

 

仏教の修行には「宿命通」と言って、前世を見通せるようになる修行があります。これを実際に体得した方の話しを聞きますと、前世は人間の時代だけでなく、動物(虫)、地獄、餓鬼、神、人間、といった生命であった時代をも見ることがあるようです。

 

前世が、海岸にうごめくフナムシだったという方もいます。これは妄想ではなく、実際に修行をして前世を見ている僧侶の話です。地獄に墜ちて40億年以上もただ「熱い熱い」と苦しみ続けた前世を見た方もいます。

 

リアルな前世とは、こういうものです。必ず六道輪廻を回っていることを発見し気付くようです。

 

仏教は体験主義であり、お釈迦さまだけでなく、その弟子達も追体験したものであることは、すでに述べています。

 

前世もそうです。

 

そうして本当に前世を見れば、過去世において人間だけでなく、動物や虫であったり、餓鬼であったり、時には梵天という神であったり、様々な生命の形態であったことが分かるようです。

 

ですから、よく「前世を見た」という話しなどもありますが、この体験が全て人間であるなら、眉唾の可能性が高くなります。

 

また先述の通り「霊」と言われる存在はありません。
霊とは、六道輪廻にある生命を通俗的にとらえた表現になります。

 

次回、霊と六道輪廻との関係について説明しましょう。

続きを読む

2012/06/19


生命はゴールの無い輪廻転生RPG(ロールプレイングゲーム)

このように生命が輪廻する六道輪廻の世界を垣間見てきました。
地獄から餓鬼、畜生、阿修羅そして人間、天界(六欲界色界・無色界)。

 

この六道をグルグルと回り続けているのが生命です。
生命はゴールの無い輪廻転生RPG(ロールプレイングゲーム)のようです。

 

ゲームのRPGでは、主人公の勇者ロトは、モンスターを倒して経験値やMPをアップさせて、最後にはラスボスを倒してハッピーエンドで終わります。最後にファンファーレが流れてゲーム終了。
主人公のHPを999までマックスに高めたりしてラスボスを倒して万感の思いにふけったりもします。

 

しかし人生は、終わりの無い、ゴールの無い輪廻転生です。
善行を重ねて天界へと人間界を往復し、色界梵天や、無色界梵天の最高位に達しても、善業パワー(HP)はだんだんと減っていって、やがて人間以下に再び転生していきます。

 

善業(HP)は減っていますので、再び主人公は善業(HP)の経験値を積んでレベルアップしていきます。仮にレベル99のHP999になって、再び梵天になっても、善業が無くなればエネルギー切れで、また人間以下に戻って経験値を積んで・・・

 

この繰り返しです。
隠し部屋的な「浄居天(じょうこてん)」に行けば、死後、涅槃に入れます。しかし浄居天に入る方法は仏法によるしかありません。普通に輪廻をしていれば、浄居天を発見しても、その部屋に入るカギが無いため入れません。

 

天界の幸運、幸福は人間の何千倍という大幸福感なわけですが、いつか天界での寿命も尽きて、善業も減って人間へ逆戻り。人間となって苦楽を味わいながら善行ができればいいのですが、実際は、悪心を起こして天界どころが地獄へ行ってしまうことも出てくるでしょう。

 

不確実性な輪廻。予想外、想定外の出来事に遭遇して輪廻を続けます。しかも厄介なことに、業(カルマ)は七分割されて、七世にわたって影響も及ぼします。

 

どこにトラップがあって、どんなカルマの結果を受けるか分からない人生。
こうした輪廻をグルグルと無限に近い数、続けていると、ブッダを指摘します。

 

ため息の出そうな輪廻の旅です。

 

ですから仏教では、輪廻の鎖を断ち切り、涅槃へ赴くことを提唱します。
輪廻の話しは、仏教圏でも説かないところもあります。また説かない比丘・僧侶もいます。タイは国家的に仏教が定められている影響もあって、生まれ変わり(輪廻転生)を説かないところもあります。輪廻を別の意味に置き換えて説明することもあります(転生を遠回しに否定もします)。一方、ミャンマーでは輪廻転生が前提です。生まれ変わりは当たり前として説いていく傾向です。

 

このように国のよっても輪廻転生の扱いは違ってきます。

 

しかし生まれ変わりは実在していると思います。
転生が無いとするなら、この人間、生命の個性や違いをどう説明するのでしょうか。人間に生まれて、自己に気付いたとき、「自分はどこから来たのだろうか」という素朴な感慨を抱く人は多いでしょう。

 

生命は連続し続ける存在であり、死後もまた別の生命に瞬時に転生し、存続しつづけていきます。
輪廻は存在します。転生は存在します。

 

そして不確実性過ぎる輪廻転生から脱出するために仏教があると言っても過言ではないでしょう。

続きを読む

2012/07/20