アファーメーション(自己暗示)の本当の使い方

さて今回はアファーメーションについてです。

アファーメーションとは「自己暗示」のことです。
自己暗示。

有名ですね。
今ではビジネスセミナーでも広く行われ、ほとんどの人が自己暗示を知っていることでしょう。

一般的にアファーメーション(自己暗示)は

・願望達成法
・性格改善法

といった目的で使用されます。成功術、成功法則、成功哲学として有名ですね。
実は私は成功哲学の長年の信奉者であり実践者でもありました。
しかし何十年にわたる実践と体験の末、成功哲学は言われてるような成功をもたらすことは難しいと言い切れます。このことは理屈の上から言っても「ほぼ不可能」となります。非常に難しいことになります。

なぜなら成功哲学とは、人生の傾向を変える作業であり、これを仏教の業報の考え方に照らせば、非常に困難な作業になることが明確に分かるからです。

成功哲学・成功法則の中核を成しているのが「アファーメーション(自己暗示)」ですね。
いわゆる

プラス思考・ポジティヴ・シンキング

というのがアファーメーションの本質です。
また代表的な使い方になってきます。
「人生で成功するイメージを描く」といった感じで使用されることが多いですね。

最近ではNLP的な手法も導入されて、五感フルに刺激して、成功する確率を高めようとします。

アファーメーション(自己暗示)を使って成功できるのかどうかは別にして、心を転換する方法としては有益です。そして本当の使い方、正しいアファーメーションの使い方とは、まさに「心を転換させる方法」になります。

アファーメーション(自己暗示)を使って脳内に成功イメージを描いても、成功できるとは限りません。答えを言ってしまうと、アファーメーションを使って願望実現ができる人は最初から成功する人です。

生まれながらに成功できる人があたかもアファーメーション(自己暗示)の効果で成功したかのように錯覚しているだけです。正確にいえば、アファーメーション(自己暗示)で成功要因をよりスムースに発動させているに過ぎません。

現世で大成功できない人、人生に困難の多い運命の方は、期待した通りの成功は得られません。
アファーメーションを使って人生に大成功することはできません。このことはこちらで詳しく解説しています

話しを戻しまして、アファーメーションは成功術として使うのではなく、心を転換する術として使ったほうがいいでしょう。また「心の転換術」として使用したほうが有益ですし効果も確実に得られます。

アファーメーションで心を切り替える

アファーメーションは、一種の注射のような効果を発揮します。
心が暗くなったり、どうしてもネガティブな状態を引きずるときは、アファーメーションを使って、心を転換してみましょう。

アファーメーションは即効性があります。
何回か自己暗示を続けていれば、心が切り替わっていきます。

気付きの瞑想だけでは、心を転換させることが出来ない場合もあります。特に、在家で一般社会の生活を送っていると、出家僧侶の環境とは異なり、ストレスも多く心がざわつくことも少なくありません。

気付きの瞑想だけでは、心を転換できない場合もあります。
そういった時は、アファーメーション(自己暗示)を活用しましょう。
大変効果か゛あります。

なおしかしアファーメーションは一種の注射のようなものです。
常用していると、心にストレスも与えていきます。
微細な感覚が分かってきますと、アファーメーションのストレスも感じ取ることができるようになります。

アファーメーションは多用をしなければ非常に有益な方法です。
心が暗くなったり、落ち込んだり、なかなかネガティブな思いから離れられない時は、アファーメーションを使って自己暗示をかてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です