ゆる体操で心を明るくする

気持ちが落ち込んだり、うつっぽくなったり、自己批判、自虐的になるメンタリティの方もいらっしゃいます。しかしこういったことはわりと言われやすく、ある意味さんざん言われています。ですのでこういう状態にある方にとって、ネガティブな精神状態にあることを指摘されるのはツライものです。

心が落ち込んだり、ネガティブに作用しやすい方におすすめの心を転換する方法があります。
それは体を動かすことです。

身体を動かすと、血液やリンパの流れもよくなって、心も快活になっていきます。
心と体は密接な関係があります。体を動かして血行がよくなり、筋肉が柔らかくなることで心も柔軟かる元気を取り戻していきます。

おすすめなのは「ゆる体操」です。
高岡英夫さんが指導している誰でもできる体操ですね。
この体操はおすすめです。
心が明るくなります。

ゆる体操は、潜在能力の開発に連なる優れた体操です。
ですので、落ち込みやすい方だけでなく、健康悩みのある方、アスリートで成績を伸ばしたい方にもおすすめできます。

スポーツや芸術の世界で活躍している方も、こっそりと通って習っている体操です。

そうしながら気付きの瞑想も行って、バランス感覚を取り戻すことです。
落ち込みやすい方の場合、リラックスといっても「?沈(こんじん)」といって、深く沈んだ状態になりがちです。リラックスと沈(こんじん)は違います。
※この辺りの違いが認識できるメンタリティになっていく必要があります。

体を動かして、心を柔軟かつ元気にさせることが先決です。
瞑想以前に、身体の軽快さ柔軟さは必要です。
身体が硬直していると、心も硬直しがちになります。

瞑想以前に必要なことはわりとって、身体の健全性も必要になってきます。
その上で瞑想ができる健全なメンタリティというのが必要にもなってきます。
これらはスパイラルにも進んで心身ともによい状態に変化していきますが、バランスのある心を養っていくことは大切です。

時には、自己暗示(アファーメーション)も有効です。
自己暗示、アファーメーションは注射のようなテクニックですね。

次回、自己暗示(アファーメーション)について書いてみるかもしれません。