色界梵天

色界梵天

さて話しの順番が前後してしまいましたが、天界のうち、二番目に位置する「色界」について今日はお話いたします。

 

何度も書いていますが、天界は三層かなら成る世界ですね。(※くわしいことはこちら
六欲界、色界、無色界
この3つです。
六欲界は、既にお話いたしました。
今日は、色界(しきかい)です。

 

色界は、以前にも書きましたが、通常は入れない世界です。
色界に入るためには、善行をおこなって、しかも瞑想をして「禅定」「ジャーナ」「サマーディ」といった心の状態にならないと到達できません。禅が出来ていないと決して入ることのできない神々の世界です。

 

色界は梵天(ぼんてん)という偉大な神さまがいらっしゃる世界です。
梵天とは、世界の創造主ですね。
こういった神々の住む世界です。
もしも瞑想か何かで禅定に入ることができれば、色界と同じで、梵天と同じ心になります。

 

しかし色界は、瞑想をして禅定という心を作らないと、決して入ることができない世界です。

 

ちなみに禅定は

 

・初禅
・第二禅
・第三禅
・第四禅

 

というように4段階の深まりをみせていきます。
色界も禅定の瞑想の深さに対応しています。

 

そうして、それぞれの色界は3層になっています。

 

・衆・・・一般の梵天の神々
・輔・・・大臣のように大梵天を補佐する
・天・・・大梵天(梵天の王)

 

といった具合です。

 

そうして、色界の最上位には「浄居天(じょうごてん)」という特殊な色界があります。
浄居天は、時々説明もしてきましたが、仏道修行をした方だけが入れる特殊な色界です。
簡単に言ってしまいますと、浄居天の神としての寿命が終われば、そのまま涅槃に入ってしまう世界です。実は浄土宗の「極楽」が「浄居天」になります。詳しいことはまた機会のあるときのご説明いたします。

 

ちなみに梵天の体の大きさは巨大です。
数キロ〜6500キロメートルの大きさになります。
火星の大きさが6795キロメートルですので、第四禅定の梵天である広果天(こうかてん)は火星の惑星と同じくらいの大きさになります。

 

身体の大きさが、本当に数キロから地球くらいの惑星並の大きさです。
これは空想とかではなく、リアルにいらっしゃる色界梵天の神様の大きさです。
分かりやすくいいますと、もののけ姫に出てきたシシ神よりもずっと巨大です。
ちなみにお釈迦さまは梵天とも遭って説法もしています。

 

そうして色界は次のような構成になっています。
こちらの詳しいことはまた次回、ご説明いたします。

 

 

色界の世界

 

【初禅天】
梵衆天(ぼんしゅうてん)
第1天
身長は半由旬(約6.5?)、寿命は半劫(21億6千万年)

 

梵輔天(ぼんほてん)
第2天
大梵天王を補佐する大臣
天衆の身長は1由旬(約13?)、寿命は1劫(43億2000万年)

 

大梵天(だいぼんてん)
第3天
いわゆる「梵天」。バラモン教やヒンドゥー教のブラフマー神がこの大梵天です。
天衆の身長は1由旬(約13?)、寿命は1劫半(64億8千万年)

 

 

【第二禅天】
少光天(しょうこうてん)
身体より光明を放つ梵天衆

 

無量光天(むりょうこうてん)
身体より無量の光明を放つ梵天の大臣

 

発光天(はっこうてん)または光音天

 

 

【第三禅天】
少浄光天(しょうじょうこうてん)
天衆の身長は16由旬(約208?)、寿命は16劫(691億2000万年)

 

無量浄光天(むりょうじょうこうてん)
天衆の身長は32由旬(約416?)、寿命は32劫(1382億4000万年)

 

遍照光天(へんじょうこうてん)
身長は64由旬(約832?)、寿命は64劫(2764億8000万年)

 

 

【第四禅天】
広果天(こうかてん)
凡夫が生まれ変わることのできる最高の天処である。
身長は500由旬(約6500?)で、寿命は300劫(12,960億万年)

 

無想有情天(むそううじょうてん)
無想有情で、あらゆる心想(精神作用)がない
寿命は500劫(21,600億万年)

 

浄居天(じょうごてん)
仏道修行をして不還化(ふげんか)となった者だけが到達できる色界。
死後、そのまま般涅槃する。
色界の最高位の世界です。
浄居天には5層となっていて、
浄居地(じょうごち)、不捨地天(ふしゃちてん)、無熱天(むねつてん)、善現天(ぜんげんてん)、善見天(ぜんけんてん)、無劣天(むれつてん)
となっています。
浄居天の神々は第四禅定に入ったり、あるいは四無量心(しむりょうしん)の三昧に入ったままです。